スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Maker Conference Tokyo 2012

6/2(土)お台場 日本科学未来館で開催された「Maker Conference Tokyo 2012」に参加してきました。
今回のMakeは一般展示は一切無しで、ファシリテーターとゲストがディスカッションを行うというものでした。
特に印象的だったところだけ、感想を書きます。

120602_MakerConferenceTokyo2012.jpg

参加者は約200人くらいで、半分以上の人はMake:に出展したことがある人のようでした。
一方で、Make自体が全くの初参加という方もいました。

オライリー・ジャパンからの話
これまでのMakeの振り返りと今後のMakeについての話です。
出展者も来場者数も右肩上がりに増え、今回はその節目ということでカンファレンス形式にしたようです。
次回開催は2012年11月を予定しており、「Make: Tokyo Meeting」から本場アメリカと同じ「Maker faire」という名前に変更になります。ですが、内容については今まで通りということでした。


Dale Dougherty(デール・ダハティ)の話
書籍「Make:」と「Maker Faire」の創設者。
印象的だったのが、「interdisciplinary」「誰でもMaker」「Maker Space」です。
「interdisciplinary」は、異なる多分野にまたがる人たちが集まるという意味です。
確かに、電子工作だけでなく、手芸やサイエンス、職人芸のようなバラエティーの富んだ出展者がたくさん居ます。その中で新たなコラボレーションも生まれるので、これがMaker faireの面白い点です。
「誰でもMaker」は、昔はモノづくりと言えば、お父さんだけが対象だったが、今日では老若男女問わずにモノづくりすることが可能になってきたということです。これはオープンソースソフトウェアやオープンソースハードウェアによる恩恵で、近代社会の「消費」する文化から「DIY」するという昔の文化が見直されてきているということです。
「Maker Space」は、学校にモノづくりのための場所を設け、フライス盤や3Dプリンタを提供し、子供たちにモノ作りの面白さを伝えるという活動を行っているということです。有望な未来のMakerがたくさん増えそうです。


途中で分科会が2回あり、3~4のテーマで会場が別れて開催されました。
自分が参加したのは、「オープンソースハードウェアの理想と現実」「ものを作る仕事を作る」です。


オープンソースハードウェアの理想と現実
印象的だったのが以下の2つです。
・回路図には著作権はあるが、回路自体には著作権は無い(特許は別)
・CC(Creative Commons) は、C(Copyright:著作権)とPB(Public Domain:知財消滅or放棄)の中間を作っている
Arduinoを例にOSHW(Open Source HardWare)の問題点などを聞くことができました。OSHWはまだ出来たばかりなので、安定するまで紆余曲折ありそうです。
これを機にOSHWやCCについて勉強してみようと思います。


ものを作る仕事を作る
タイトルだけ見るとだと?ですが、
個人でモノを作り販売することを仕事にしている3名をゲストに迎え、色々と質問するという内容でした。
印象的だったのが以下の2つ。
・覚悟が必要
・売価の7割は利益にしろ
前者は、販売システムや在庫管理、取説作成、アフターサービスなどモノを作ること以外にたくさんやることがあるということです。それぞれの苦労話が聞けて参考になりました。
後者は、7割が丸々儲けということではなく、販管費や手数料、自分の人件費に割り当てる必要があるためです。
でも実際は7割設定は難しいのが現状のようです。


クロージングセション
最後に各分科会のまとめの発表がありました。
印象的だったのが、うろ覚えですが、以下のような意見です。
「ソフトウエアとハードウエアはオープンソースになってきたが、デザインはオープンソース化されていない。デザインが定量的にデータ化されてオープンソースになれば、さらに面白い世界になる」
確かに既にデザインが取りこまれたコンテンツはダウンロードできますが、デザインそのものはダウンロードできません。これが出来れbが、あるデザインをベースにさらに新しいデザインを作るという流れが加速的に拡がりそうですね。


追伸
最後は、懇親会で色々な方とお話ができ、少しだけ「おうどうギターLite」を自慢してきました。
ちなみに会場が7階だったので、窓からダイバーシティのガンダムを眺めながらビールを飲むことができました。

スポンサーサイト

MTM07

Make: Tokyo Meeting 07お疲れさまでした!

111204_mtm08.jpg

今回販売用に作って持っていったMulti Wave Kitは、2日間で全て完売しました!
ありがとうございました。
ご購入された方は、Multi Wave Kitの中に入っているカードに説明サイトのURLを記載していますので、そちらにアクセスお願いします。(まだ作っている最中ではありますが・・・)

今回はキットを販売しているということもあり、ほぼ自分のブースに居て他の出展者さんの作品はあまり見れませんでしたが、たくさんの方たちのお話や想いが聞けて楽しかったです。

キットの開発・生産は非常に手間がかかりましたが、これに懲りずに次回もMakeに参加したいと思います!
では、説明サイト作りに励みます。
お疲れさまでした!

Make: Tokyo Meeting 06

いよいよMTM06まで、あとわずかとなりました!
今回エレバカは出展しません。
急遽予定が入ってしまったため断念しました。

(10_11_17) 基板

元々、半完成キットを販売する予定であったため、基板をメーカーに発注してました。
初めてPCBCARTに発注しましたが、青レジストでスルーホールもそれ程ずれることなくキレイに仕上がってます。
長穴が心配でしたが、1回のメールのやりとりを経て、うまく指示できました。
ちなみに長穴はPCBCARTでは「Slots in Board」の事だと思います。
大量在庫になってしまいましたが、熟成して次の機会に出展する予定です。

MTM06当日、スキマ時間があれば、チラリと見学だけはしたいと思っています。
出展者の皆様、頑張ってください!

Synthesizer Festa 2010 #2

Synthesizer Festa 2010」の続き。
クリエーターによる出展で、気になったモノを紹介します。


マグネットシンセサイザー
ナイトペイジャー (SHIN-RYU)さんによる音の鳴らないシンセサイザー。
筐体が薄いマグネットになっており、冷蔵庫などに張り付け可能です。。

(10_10_09) シンセサイザーフェスタ2
※写真はチラシです。

見た目は、まさにシンセサイザー(OSCILLATORやMDULATOR)です。
そしてポイントは、ツマミの部分が本物で、可動できるところ。
筐体だけではなく、ツマミ部分にもマグネットを採用しており、さらにツマミが上下左右に移動せず回転のみを行えるように工夫されています。
Makeっぽい製品です。


SYSTEM Y
複数のアルミの箱に組み込んだ電気回路をケーブルで繋ぎ合わせることにより、様々な音や演出が出力できるシンセサイザー。
作品+パフォーマンスで、このシンセサイザーの実力が最大限に発揮されます。
米本さんによる実演は必見です。

(10_10_09) シンセサイザーフェスタ3
この写真は、2010年9月に行われたMake Ogaki Meetingのときに撮影したモノで、実は大垣でお会いしています。

↓今回、"SYSTEM Y"の音で作ったCDを購入しました!
(10_10_09) シンセサイザーフェスタ1


電子楽器博物館
今回は「beatnic.jp」として出展されているようです。
電子楽器博物館さんもMake Ogaki Meetingに出展されていて、エレバカは見学してました。
↓そのときの写真
(10_10_09) シンセサイザーフェスタ4

Makeでは「ビー玉マシン」がとても印象的でしたが、今回はシンセ系ということで、「シンセドラム」を出展されています。
ツマミを使って電気的に音作りが可能。
実際のドラムスティックでも叩けて、叩く強さにより音量も変化します。


Makeに近い製品ばかり紹介してしまいましたが、この他にも、オリジナル楽曲音源のサンプルCD無料配布や販売など、出展されているグループの方はたくさん居ました。
気になった人は、早速、西新宿へGO!
10/10 18:00までです。

Synthesizer Festa 2010

先日CEATEC JAPAN 2010に行ってきたのでブログを書こうと思いますが、その前に本日「Synthesizer Festa 2010」に行ってきたのでレポートします。

Synthesizer Festa2010とは?
電子音楽を中心に音楽を楽しみ、創る全ての人の祭典で、メーカーによる製品の出展、クリエーターによるオリジナル楽曲音源やオリジナル楽器の出展、MIDI検定や新製品デモなどのセミナー、フュージョン、ロック、ポップから沖縄民謡などのライブが行われているイベントです。
実は先週初めて、米本さんのブログ 米本電音研究所 で知りました。

(10_10_09) シンセサイザーフェスタ0

日程は、2010/10/9~10/10、場所は東京・西新宿の芸能花伝舎。
エレバカは本日の夜に行ってきましたが、雨も降っていたこともあり、開催場所がわかりにくかったので注意してください。
芸能花伝舎は、小学校の跡地を利用しているらしく、メーカーの出展場所は体育館、クリエーターの出展場所は教室の中でした。
Make Tokyo Meetingの会場になっている大学のキャンパスに比べると、小学校なのでかなり小規模ですがアットホームな感じが良いです。

まずは、メーカー製品で、気になったガジェットを紹介します。

Eigenharp
「アイゲンハープ」というイギリスの電子楽器


120個のメインキー、12個のパーカッションキー、ブレスパイプ、ストリップコントローラーが2つあり、これ1台で、ピアノ、クラリネット、チェロ、ベース、ドラムなど、様々な楽器に変化します。
ドラムマシンやシーケンサーも内蔵し、演奏を録音してループさせ、マルチトラックで鳴らすこともできる。
音源はMacのソフトウエア音源を使うらしい。

長くなってしまったので、クリエーター出展で気になったものは、次の記事に書きます。

10秒で出来る曲作り

auが2010年2月19日~7月31日まで「iida calling ver3.0」を公開します。
ユーザーが平仮名またはカタカナを17文字(五-七-五 形式)で入力するだけで、いきなり歌入りの曲が完成します。
いわば「簡単に体験できる初音ミク」です。

↓実際のFlash。下に表示されている「SOUND」が「OFF」になっている場合は「ON」にして下さい。

テキトーに文字を入れて「曲をつくる」ボタンを押せば、すぐに体験できます。お気軽にどうぞ。

音楽の種類はトラック3種類×メロディ3種類で計9パターン。スペシャルバージョンもあるとか。
どのパターンになるかは選べず、ランダム。
「music by □□□」とあり、□□□に自分の名前が登録できるのかと思っていたら「□□□」というアーティストが実在するようです。

下記サイトが公式サイト。
利用はフリー。ユーザー登録などのアカウントも一切不要です。
iida calling ver3.0

iida calling ver3.0のスゴイところはクラウド技術。
サーバー側の処理で音声合成を行っている点
他の人とシェアできる点

これは、かなり面白いアプリ。
結構ハマリます。

声の大きい人が世の中をうまく渡ってゆく様

アーーーーーーーーーーーーーー!!!!

はい、すいません。
これぞ、真の音ゲーです。



実際のゲーム画面で体験してみよう。ボリュームに気をつけてね。


ある意味、人生の縮図を見たような気がします。
深いですね。


↓Downloadする?
http://globalgamejam.org/2010/gnilley

声が楽器になる?

パーパパパパパーパーパーパー パーパーパー パーパーパー
あっ、どうもすいません。




声を楽器に換えて多重録音が可能なiPhoneアプリ「Voice Band」
楽器は、ギター、ベース、サックス、シンセ、ドラム、マイク(ボーカル)があります。
パパパ言うだけで、リアルタイムで楽器音に変換します。
スネアドラムとバスドラムを入力するときは、強弱を変えてパパパパ言えば、1回で同時に入力できるようです。

ある程度ピッチがずれていても自動的に補正されます。
また、メジャースケールやペンタトニックスケールなどに強制的に補正もできるようです。
ディストーション、リバーブ、ディレイのエフェクトもある。
価格は $2.99

欲しいな。Androidアプリで出してくれないかな? パーパパー

妄想コントローラ

YouTube見ていて、ついタイトルに惹かれて見てしまいました。
バンダイから3月20日に発売される「妄想コントローラ」です。



888円。他にも「ファミスタ」と「ゼビウス」があります。

前提として、このゲームをやったことがないと全く通じませんが、ファミコン世代の人はほとんどの人がやったことあるはず。
妄想というより、真の「音ゲー」と言うべきでしょうか。
バーチャルリアリティーな音や映像、及び感触で完成したゲームをユーザーに提供するのではなく、必要最低限な情報だけを持った不完全なゲームをユーザーに提供し、あとはヒトの豊かな想像力でゲームを完成させる。
これが本来のあるべきゲームの姿ですかね。

ところで、対戦ができるようですが、物理的な仕組みは不明です。
赤外線かな? BlueToothかな? それとも、これも妄想ですか?



SWIMO

川崎重工業が2007年に発表した次世代型路面電車(LRV:Light Rail Vehicle) 「SWIMO(スイモ)」
世界初のニッケル水素電池で駆動する電車です。

↓2008年の冬、札幌市での走行実験の様子


従来の路面電車と何が違うのかというと、架線なしでも走れる所。
上記の動画でもパンタグラフを使っていません。
5分の急速充電で10km走れます。

特徴として2点
・ブレーキで発生するエネルギーを回生電力(プリウスでおなじみですね)として蓄えるため、非常に省エネな点
・ニッケル水素電池(ギガセル)を座席の下に格納して、バリアフリーなスペースを確保している点

現在3分の急速充電で10km走れる事を目指して改良中です。
これならば、ダイヤを乱すことがないため、従来の電車に対し、そのまま置き換え可能。
グリーンニューディール政策の米国に売り込み中です。


参考:WBS 2009/11/13放送分

KORG DS-10 plus

ニンテンドーDSソフト、KORG DS-10 plusが本日9月17日に発売されました。



KORG DS-10とは2008年7月に発売され、楽器系ガジェットのブームの1つとなったソフトです。
KORGが昔発売したアナログシンセサイザーの音を再現し、シーケンサーを使って曲作りができます。
普通の作曲ソフトと異なる所は、音色そのものを自分で作れる点と、作った曲を聴きながら編集できる点です。
また、タッチパネルならではの機能としてカオスパット入力で直感的な演奏が可能です。

そのバージョンアップ版が「KORG DS-10 plus」です。
主な変化点は以下の通り。

DSi であれば、トラックが2倍使える
シンセは通常2トラックですが、4トラック使えるようになった
ドラムは通常4トラックですが、8トラック使えるようになった

ソングモード中にもパラメーター・エディットが可能になった
曲を聴きながらリアルタイムでパラメータ編集ができるようになったってことかな

トラックのMUTE機能もプログラムできる
使えるソングの数は限られていますので、MUTE機能を使って同一ソングの別バージョンを作る事ができるってことで、バリエーションが増えるってことっぽい

近くのお店で買えるようになった
前のバージョンは通販でしか買えませんでしたが、普通の電化製品の量販店で買う事ができます。


結構マニアックなソフトです。

モスキートーン

モスキートーンとは、蚊(モスキート)の鳴くような音(トーン)のことで、非常に高い周波数の音です。


Photo by CanadaPenguin

前回の記事で、人間の可聴周波数は20Hz~20kHzと書きましたが、人は年齢と共に高い音が聞こえなくなってゆきます。
25~30歳を過ぎると17kHz以上の音が聞こえなくなるとか。
これをうまく利用したのが、以下の例です。

公園で夜中などに たむろする若者を撃退
約17kHzの不快な音を公園に発することにより、若者だけにその不快な音が聞こえるようにする。
他の大人には聞こえないので、若者だけをうまく退散させることが可能
日本でも足立区の公園で実証実験を行っているようです。


授業中に先生に気づかれない着信音
先ほどの例は、大人にとってメリットのあるものでしたが、今度は逆です。
大人が17kHzの音を聞こえないことを逆手に取り、授業中、その付近の周波数帯域でケータイの着信音を鳴らすという遊びが一時期流行したそうです。


実際聴いてみる?
さて、17kHzの音ってどんな音なのか?自分は聴こえるのか?気になった人は、以下のサイトで試してみてはいかがでしょうか?

MosQuiToNe

聞こえる?超音波

プツプツ音とかノイズっぽい音ではなく 「キーン」という高い音です。
※ただし、PCの環境に大きく左右されますので、あまり正確ではありません。


まあ、人が生活をしてゆく上で、不要な周波数なので聴こえなくても安心してください。

ついにここまで来たか

ヤマハが開発した音声合成DTMボーカロイドでお馴染みの「初音ミク」
誕生から2周年ということで、ライブを行ったようです。



なんか不思議な感じですね。

今は、CGアニメーションと曲をそのまま流しているだけっぽいけど、今後は、オーディエンスの歓声とか動きとかを入力データとして取り入れ、ボーカルデータやCGに反映させるなどすればインタラクティブなライブが可能になるかもね。
ネギに反応させるもよし、3D立体映像にするもよし、色々な可能性を感じます。

近未来の始まりですな。

ハッピーセットのおもちゃ

ちょっと休憩ということで、マクドナルドのハッピーセットを食べました。
目的は、おもちゃをゲットするためです。
現在もらえる おもちゃは「ビートスター」という楽器の形をした音の出るものです。
おまけでもらえる おもちゃ にしては、結構良い出来です。



WAVと音繋がりということで、載せてみました。
他にもギターやキーボードなど全6種類の「ビートスター」があります。

さあ、ハッピーセットを大人買いしよう!



ポケコン

2009年7月11日、ついに「ドラクエ9 星空の守り人」が発売になりました。
何度も発売延期を繰り返し、待ちに待った人もいるでしょう。
まあ、僕は買いませんが。。。

ドラゴンクエストIX 星空の守り人

って、全然ポケコンの話になってませんね。



ポケコンとは、ポケットコンピューターの略で、1980年代頃から発売された携帯用の小型コンピュータです。
(09_07_11) ポケコン
関数電卓機能や簡易グラフ表示機能、関数計算機能などがあり、理工系の学生用のものでした。
そして、何と言っても最大の売りは、プログラミングができること。
言語はBASICです。

ここでエレバカは初めてプログラミングというものに触れ、夢中でプログラムを打ち込みました。
完成したプログラムを実行して感動したものです。
「プログラミングがあれば何でも出来てしまう!」と、このとき思いました。


↓エレバカもドラクエ世代ですので、RPG戦闘画面ゲームを作って遊んだものです。


何と言っても液晶表示が4行ですので、プログラムを書くのが大変です。
Visual Basicなど経験してしまった人は、全くやる気にならないと思います


↓内蔵メモリーもすごい少なかったので、ノートにデータを退避させていました。
(09_07_11) ポケコン3

まさにエレバカのプログラミングの原点です。




ポケコンの詳しい歴史を知りたい人はここ


03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

エレクトリックバカ

Author:エレクトリックバカ

ポケコンでプログラミングに目覚め、PICマイコンで電子工作に希望を抱き、来たるべきUGDの時代を夢見て眠る。
そんな うだつが上がらないサラリーメン。
先生、電子工作はおやつに入りますか?




Electric Baka

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。