スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタルコンテンツEXPO 2010 #2

続きです。


Sense-Roid
電気通信大学 梶本研究室
ポイントは、「抱きしめられる感覚」と「撫でられる感覚」



・抱きしめられる感覚
マネキン側の圧力センサで検知。
体験者側のジャケットに対し、サーボモータを使い人工筋肉に送り込む空気量を空気弁の開閉ぐあいで制御。
ジャケットには人工筋肉が左右両肩、胸部、腹部、下腹部の5箇所に付けられていて、32通り(2の5乗)の抱きしめ感を得られると言う。

・撫でられる感覚
マネキン側の背中に格子状に並べられたマイクロスイッチで検知
体験者側のジャケットに、検知した位置を小型モータを振動させることにより、撫でられる感覚を得ている。

この装置を2体用意して遠隔通信できれば、用途が広がりそうですね。


ミックス・リアリティ碁盤
LM3LABS社
カメラで指先の動きを認識(フィンガートラッキング技術)
X-YだけでなくZ軸も読み取っている。指先を認識したときにクリックイベントを発生。
木の碁盤にプロジェクターで投影。
カメラやプロジェクターは一般的なモノを使用。



2人の男性が囲碁を指していますが、途中でなぜかコイが泳いできて、碁盤の石の並びが崩れてしまいます。
なかなか良い演出。


HRP-4C 未夢 ダンスライブ
産業技術総合研究所
もうすっかり有名になった国民的美少女ヒューマノイド 未夢さん
滑らかな2足ウォーキングはもちろん、初音ミクでお馴染みの「VOCALOID2」による美しい歌声、「ぼかうお」により唇の動きや息継ぎを考慮した超リアルな表情に加え、今回は何とダンス(しかもTRFのSAMさん振付)を披露!
さらに「ぼかりす」技術により、ELT持田香織さんの歌唱を真似ています。



メインボーカルにヒューマノイド、バックダンサーに人間。なんとも不思議な光景です。
でもこれなら、人件費ゼロで、無茶なスケジュールにも対応してくれそうですね。


以上、デジタルコンテンツEXPO 2010のレポートでした。
スポンサーサイト

デジタルコンテンツEXPO 2010 #1

デジタルコンテンツEXPO 2010のレポートです。
と行っても実際には行ってません。YouTubeを見てバーチャル体験したまとめです。

ダイジェスト


VRやARなど、視覚や聴覚に加え、触覚や嗅覚そして味覚といったところまで領域が進んでいるのが特徴です。
それでは、より詳細に見てゆきましょう。


MetaCookie+
東京大学 廣瀬・谷川研究室
見た目と匂いだけを変化させ、プレーンのクッキーの味を変える。
アーモンド、ストロベリー、レモン、メープル、チョコの5種類。



装置がちょっと大がかりですが、
近づけたり遠ざけたりすると、匂いの強さも変わるところが凝ってますね。


Tag Candy
慶応大学 環境情報学部 筧康明研究室 チームキメラ
こちらも食べ物シリーズ。
棒付きキャンディをデバイスにセットし、チュパチュパするもの。
デバイスには、振動スピーカ、カメラ、コンクリートマイク、加速度センサが内蔵。



スピーカの振動を舌に伝え、音は骨伝導で伝える。
内蔵マイクで、舐めたときの音をフィードバック。
加速度センサで回転や傾きにより音を変える。
カメラで、棒付きキャンディの包装を画像認識して、何味のキャンディーかを判別。

単に炭酸の音だけ出しているのかと思いきや、色々な事を行っています。
見た目以上に高度なデバイスです。


長くなったので、次回に続きます。

Synthesizer Festa 2010 #2

Synthesizer Festa 2010」の続き。
クリエーターによる出展で、気になったモノを紹介します。


マグネットシンセサイザー
ナイトペイジャー (SHIN-RYU)さんによる音の鳴らないシンセサイザー。
筐体が薄いマグネットになっており、冷蔵庫などに張り付け可能です。。

(10_10_09) シンセサイザーフェスタ2
※写真はチラシです。

見た目は、まさにシンセサイザー(OSCILLATORやMDULATOR)です。
そしてポイントは、ツマミの部分が本物で、可動できるところ。
筐体だけではなく、ツマミ部分にもマグネットを採用しており、さらにツマミが上下左右に移動せず回転のみを行えるように工夫されています。
Makeっぽい製品です。


SYSTEM Y
複数のアルミの箱に組み込んだ電気回路をケーブルで繋ぎ合わせることにより、様々な音や演出が出力できるシンセサイザー。
作品+パフォーマンスで、このシンセサイザーの実力が最大限に発揮されます。
米本さんによる実演は必見です。

(10_10_09) シンセサイザーフェスタ3
この写真は、2010年9月に行われたMake Ogaki Meetingのときに撮影したモノで、実は大垣でお会いしています。

↓今回、"SYSTEM Y"の音で作ったCDを購入しました!
(10_10_09) シンセサイザーフェスタ1


電子楽器博物館
今回は「beatnic.jp」として出展されているようです。
電子楽器博物館さんもMake Ogaki Meetingに出展されていて、エレバカは見学してました。
↓そのときの写真
(10_10_09) シンセサイザーフェスタ4

Makeでは「ビー玉マシン」がとても印象的でしたが、今回はシンセ系ということで、「シンセドラム」を出展されています。
ツマミを使って電気的に音作りが可能。
実際のドラムスティックでも叩けて、叩く強さにより音量も変化します。


Makeに近い製品ばかり紹介してしまいましたが、この他にも、オリジナル楽曲音源のサンプルCD無料配布や販売など、出展されているグループの方はたくさん居ました。
気になった人は、早速、西新宿へGO!
10/10 18:00までです。

Synthesizer Festa 2010

先日CEATEC JAPAN 2010に行ってきたのでブログを書こうと思いますが、その前に本日「Synthesizer Festa 2010」に行ってきたのでレポートします。

Synthesizer Festa2010とは?
電子音楽を中心に音楽を楽しみ、創る全ての人の祭典で、メーカーによる製品の出展、クリエーターによるオリジナル楽曲音源やオリジナル楽器の出展、MIDI検定や新製品デモなどのセミナー、フュージョン、ロック、ポップから沖縄民謡などのライブが行われているイベントです。
実は先週初めて、米本さんのブログ 米本電音研究所 で知りました。

(10_10_09) シンセサイザーフェスタ0

日程は、2010/10/9~10/10、場所は東京・西新宿の芸能花伝舎。
エレバカは本日の夜に行ってきましたが、雨も降っていたこともあり、開催場所がわかりにくかったので注意してください。
芸能花伝舎は、小学校の跡地を利用しているらしく、メーカーの出展場所は体育館、クリエーターの出展場所は教室の中でした。
Make Tokyo Meetingの会場になっている大学のキャンパスに比べると、小学校なのでかなり小規模ですがアットホームな感じが良いです。

まずは、メーカー製品で、気になったガジェットを紹介します。

Eigenharp
「アイゲンハープ」というイギリスの電子楽器


120個のメインキー、12個のパーカッションキー、ブレスパイプ、ストリップコントローラーが2つあり、これ1台で、ピアノ、クラリネット、チェロ、ベース、ドラムなど、様々な楽器に変化します。
ドラムマシンやシーケンサーも内蔵し、演奏を録音してループさせ、マルチトラックで鳴らすこともできる。
音源はMacのソフトウエア音源を使うらしい。

長くなってしまったので、クリエーター出展で気になったものは、次の記事に書きます。

おうどうギターLite #3

おうどうギター Lite のプロモーションビデオを作りました!



なかなか良い音で鳴っています。

特徴
基本的な機能は、「おうどうギター」と同じタッチセンサによる新感覚の楽器です。
「おうどうギター」の場合、受信機、MIDI音源、それぞれの電源やケーブル、MIDIケーブルなどが必要でしたが、「おうどうギターLite」は本体とスピーカーのみあればOKでスタンドアローンなポータブル機器になっています。
補助機能として、Zigbee通信をスタンバイしてあり、PCと接続すればコード表示も可能です。

仕組み
タッチセンサ部に「黄銅」を用いているのは同じ。
音源は、SDカードに記録してあるPCM音源を鳴らしています。
マイコンは、PICマイコン2個使い。
基板は、サンハヤト感光基板(両面)で自作しました。


プロモーションビデオ作りましたが、「おうどうギターLite」自体は非売品です。
コーヒーカップアンプキット(スタバカップアンプ)については、arms22さんのブログ「なんでも作っちゃう、かも。」をご覧ください。
09 | 2010/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

エレクトリックバカ

Author:エレクトリックバカ

ポケコンでプログラミングに目覚め、PICマイコンで電子工作に希望を抱き、来たるべきUGDの時代を夢見て眠る。
そんな うだつが上がらないサラリーメン。
先生、電子工作はおやつに入りますか?




Electric Baka

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。