スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマートグリッド

オバマ大統領が打ち出した、グリーン・ニューディール政策を実現するために必要なシステム
それが、スマートグリッド(=賢い電力網)です。
通信/ITを使って、停電を防いだり、より効率的にエネルギーを活用しようというものです。


Photo by godamariko

例えば、自宅でソーラーパネルを設置してる場合、家庭のエネルギー利用状況をリアルタイムで算出して、電力が足りない場合は電力会社から供給してもらい、電力が余ったら電力の足りない地域で使ってもらう。また、電力利用ピークを抑えるために、利用の少ない深夜に充電するなど(例えば、電気自動車の充電)

今、この分野に、エレクトロニクス企業が参入し始めている。
なぜなのか?

それは、オバマ大統領がこの分野に巨額投資を行っている事と、多くの課題を通信/IT技術の導入によって解決しようとしているためだ。例えば、以下のような例。

スマートメーター
広域無線を使い、メーターの集計を一気に行うシステム

Google
「Google Power Meter」で電力利用状況をグラフィカルに表示

IBM
送配電網の自動障害検知システムを共同で試作
スマートメーターの読み取りを集計するサーバーやソフト開発も。

Microsoft
エネルギー管理用ウィジェットを制作


これは主にアメリカや欧州、中国で盛り上がっている話。
アメリカなどは大規模な停電がよく起こっているが、日本では既に高度な通信網が施設されていたり電力需要は安定しているため、スマートグリッドは不要という見方もある。

しかし、スマートグリッドの規格がアメリカなどで標準化されてしまい、国際規格などが出来てしまった日には、日本は取り残されてしまう。
また、通信/ITが得意なアメリカ勢に対し、要素技術が得意な日本はそれらの技術をアピールするチャンスでもあります。
例えば
・インバータ技術
・NAS電池
・高温超伝導ケーブル
など


参考文献:日経エレクトロニクス2009年6月1日号
スポンサーサイト

tag : スマートグリッド

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

エレクトリックバカ

Author:エレクトリックバカ

ポケコンでプログラミングに目覚め、PICマイコンで電子工作に希望を抱き、来たるべきUGDの時代を夢見て眠る。
そんな うだつが上がらないサラリーメン。
先生、電子工作はおやつに入りますか?




Electric Baka

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。