スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dテレビ

いよいよ、明日からアジア最大級の家電ショー CEATEC JAPANが始まります。
今年で10周年らしいですが、不況の影響で参加企業も減っているようです。

今回のCEATECの目玉でもある「3Dテレビ」について説明します。
昨年のCEATECでも、ちらほら3Dテレビをやっていましたが、今年は大手企業がこぞって出すようです。

↓CEATECではなく、今年のCESの映像です。


Panasonicは2010年に家庭用の3Dテレビを発売する予定です。
技術の革新もそうですが、これだけ普及するのは3D映画などのコンテンツが充実してきたことにあります。

メガネ方式とメガネ不要方式の2つ
やはり、主流はメガネをかけて見る方式です。
メガネ不要方式の場合のメリットとして、メガネ方式にはない、運動視差と呼ばれる視聴者の視点の移動にあわせて見える映像が変わる性質があります。
一方デメリットはたくさんあります。
・まだ精細度が低い
・3D映像が安定して見える視野角が狭い
・パネルのコストが高くなる
など

メガネ方式にもいろいろある
①時分割方式
テレビ映像は、時間的に交互に左目用と右目用の映像を映し出します。
一方メガネは液晶シャッター型のメガネを用い、テレビからの制御信号に合わせて左右の液晶シャッターを交互に開閉することで、左目には左目映像だけ、右目には右目映像だけが映し出されます。
この方式ならば、現在のテレビに反映させるのが容易です。

②偏波分割方式
先ほどと違い、メガネは受動型(パッシブ型)で、メガネは動的に駆動しません。
テレビ側では、走査線や画素に合わせてディスプレイ表面上に左回りと右回りの偏光フィルタをライン状や格子状に貼り付け、それぞれの偏光フィルタからの光に左右の映像を乗せます。
メガネ側は左回りと右回りの偏光フィルタを左右に貼り分けたものです。

③色分割方式
昔からよくある、赤と青のメガネのアナグリフ方式の進化したものです。
Dolby社などの映画館での利用で、家庭用テレビには使われなさそうです。


参考文献:日経エレクトロニクス2009年7月27日号
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

エレクトリックバカ

Author:エレクトリックバカ

ポケコンでプログラミングに目覚め、PICマイコンで電子工作に希望を抱き、来たるべきUGDの時代を夢見て眠る。
そんな うだつが上がらないサラリーメン。
先生、電子工作はおやつに入りますか?




Electric Baka

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。