スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリヂストンの電子ペーパー

まず、電子ペーパーのメリットについては、こちらを参照してください
製品での利用例についてはこちらを参照してください。

電子ペーパーの大きなデメリットとして、応答速度(画面の描画速度)が非常に遅いという欠点があります。
まずはこちらをご覧ください



さて本題のブリヂストンですが、独自開発の「電子粉流体」を利用した電子ペーパー端末を発表しました。
2010年春に銀行内の業務支援システム向けに運用開始予定です。
他社の電子ペーパーに比べて反応速度が早いのが最大の特徴で、タッチパネルを搭載しています。



10/28~30にパシフィコ横浜で開催中のFPDI(※)で出展中です。
実際に見たい人は、 みなとみらい へゴー。
秋は展示会三昧ですな。


※「FPDI」とはFlat Panel Display Internationalの略で、3Dディスプレイや電子ペーパー、有機ELなど次世代ディスプレイが展示する催しです。
また、同じブースで「Green Device」というものも開催されていて、FPDの製造技術の応用が可能な太陽電池や家庭用照明向けLEDなど展示しています

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

エレクトリックバカ

Author:エレクトリックバカ

ポケコンでプログラミングに目覚め、PICマイコンで電子工作に希望を抱き、来たるべきUGDの時代を夢見て眠る。
そんな うだつが上がらないサラリーメン。
先生、電子工作はおやつに入りますか?




Electric Baka

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。