スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイトレーシング

レイトレーシング(ray tracing)とは何か?
まずは、下記の写真をご覧ください(クリックすると大きなサイズで確認できます)



実はこれ、写真ではなく、CGです。


レイトレーシングはレンダリング手法の1つです。
主にレンダリングとして以下の2つがあり、それぞれにメリデメがあります。

ラスタライズ方式
3DCGゲームでお馴染み。
GPUで有名なATI(AMD買収済)やNVIDIAなどのメーカーのレンダリングは主にこれです。
メリットは、何と言っても処理が速いことです。
ゲームは、リアルタイムで描画する必要があるため、この方式が必要でした。
デメリットは、間接光など反射・屈折するような表現が苦手なこと。
そのような表現をするには、マッピングやテクスチャなど個別の技法(職人技というと大げさか?)が必要です。
まとめると、細かい表現は苦手だけど、処理時間が短いので、リアルタイムに3D映像を作れるということ。


レイトレーシング方式
特に、最近できた方式ではなく、1979年に考案された方式です。
レイトレーシングとは、Ray=光線の Tracing= 跡をたどる ことです。
メリットは、高品質な映像を個別な技法無しで再現できることです。
つまり、直接光だけはなく、間接光、間接光により発生する影や物体表面への写り込み、ガラスや水など透明な物体での光の屈折などを忠実に再現できます。
映画や工業デザインなどは、よりリアルに綺麗な映像が必要であるため、こちらの方式が採用されています。
しかし、デメリットは、Rayを1つ1つ計算するため、膨大な時間がかかることです。
まとめると、処理時間は非常にかかるけど、細かい表現が可能で写真のようにリアルな3D映像を作れるということ。


続く


参考:日経エレクトロニクス2009年10月5日号
スポンサーサイト

tag : レイトレーシング

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

エレクトリックバカ

Author:エレクトリックバカ

ポケコンでプログラミングに目覚め、PICマイコンで電子工作に希望を抱き、来たるべきUGDの時代を夢見て眠る。
そんな うだつが上がらないサラリーメン。
先生、電子工作はおやつに入りますか?




Electric Baka

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。