スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Inductive Touch

Inductive Touch、つまり誘導式タッチセンサです。

エンベッデッド・デザイナーズ・フォーラム2009の内容の続きですが、
前回のXLPと並んで大きな目玉、タッチセンシグ 「mTouch」
現在Microchipとして提供している「タッチセンシグ」は以下の3つです。

・アナログ抵抗膜式
・誘導式
・静電容量式

アナログ抵抗膜式
タッチパネルでよく使われているやつです。今回は割愛。
Microchipではありませんが、抵抗膜式タッチパネルについては過去にブログっていますので、こちらを参照ください

誘導式
さて、気になる「誘導式」ですが、これはインダクタを利用しています。


大きな特徴として、フロントパネルに金属が使えます。
これだけ聞くと、すげー新しいユーザーインターフェースができそうな気がしますよね。
しかし、デモを触ってみましたが、指でパネルを押した たわみ を検出しているので、普通のSWと感触があまり変わりませんでした。
また、機構SWは不要なのですが、スペーサやコイルを実装したプリント基板が必要で、ちょっとコストが高くなります。なので、タッチセンサというより、金属パネルでキレイな筐体のデザインを統一したときなどに有効かもね。
個人の電子工作では、なかなか難しそうだけど、全面金属のピカピカするガジェットとか良いかも。

動画では、防水にも使えることをアピールしています。


続く
スポンサーサイト

tag : Inductive Touch mTouch

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

エレクトリックバカ

Author:エレクトリックバカ

ポケコンでプログラミングに目覚め、PICマイコンで電子工作に希望を抱き、来たるべきUGDの時代を夢見て眠る。
そんな うだつが上がらないサラリーメン。
先生、電子工作はおやつに入りますか?




Electric Baka

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。