スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乾電池のように使えるSIMカード?

日本通信が4月5日に「b-mobileSIM」を発売します。
SIMロックフリー端末向けに、NTTドコモの3G網を一定期間使い放題できるカードです。
データ通信が目的で、通話は対象外。


Photo by kalleboo

ラインナップは3種類
・1年間使い放題 29,800yen
・6ヶ月使い放題 14,900yen
・1ヶ月使い放題 2,980yen

スピードは300kbps
いわゆる3.5GのHSDPAやHSUPAではなく、普通の3Gです。
受信・送信ともに300kbps程度なので、動画は厳しいかも。
しかし、普通のホームページ閲覧やGmail、Twitterをやる分には問題ないレベルだと思います。


注意
ドコモの回線網を使いますが、ドコモケータイであれば、使えるという訳ではありません。
あくまで、SIMロックが解除されている端末のみです。
また、近日発売予定のiPadのSIMカード形状は「micro SIM」なので使えないようです。


SIMロックって何だっけ?
現在主流の3G方式のケータイには、ユーザー情報が書き込まれたSIMカードというものが刺さっています。
これは、SIMカードを他の端末に差し替えるだけで端末を取り替えられるようにするためです。

しかし、日本では、例えばドコモの端末に刺さっているSIMカードをソフトバンクの端末に刺しても動きません。
これは、携帯電話事業者が自分の回線を使い続けてもらうために、「SIMロック」という保護機構を施しているためです。
例えば、ユーザーがiPhoneをソフトバンクから本体だけ買ってドコモの回線を使って使われると、ソフトバンクにとってはおいしくありません。
「SIMロック」は事業者だけのメリットだけでなく、ユーザーにとってもメリットがあります。
それは、端末価格です。本来は5万くらいするケータイを安く売れるのはこのためです。

総務省はSIMロック解除に向けて活動を続けていますが、事業者側が反発しているため、SIMロック端末が相変わらず主流です。
むしろ現状、日本国内で売られているSIMロックフリーの端末はほとんどありません。
しかし、ネットを使えば海外で販売されているSIMロックフリー端末を手に入れることは可能です。


感想
僕が持っているGoogleから買ったADP2はSIMロックフリー端末なので、1ヶ月使い放題のカードを買って試してみたいと思います。
今持っているケータイのSIMカードも挿せますが、パケ放題には加入していないので、ちょっと試したときに便利だし、料金も安い。

このカードの発売をキッカケに、日本に「SIMロックフリー」の波が押し寄せるかもしれませんね。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

エレクトリックバカ

Author:エレクトリックバカ

ポケコンでプログラミングに目覚め、PICマイコンで電子工作に希望を抱き、来たるべきUGDの時代を夢見て眠る。
そんな うだつが上がらないサラリーメン。
先生、電子工作はおやつに入りますか?




Electric Baka

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。