スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSoC3とかPSoC5とか

今月、無料で行われていたPSoCセミナーに参加してきました。
Cypressは2009年9月に、従来のPSoCに加え「PSoC3」と「PSoC5」ファミリを追加することを発表しています。


Photo by shokai

PSoCとは?
PSoCとは、Cypress社が開発したProgrammableなSoC(System on Chip)です。
いわゆるPICやAVRなどの8bitマイコンの仲間です。
しかし、それらのマイコンとは一線を画す特徴を持っています。
それは、再配置可能なアナログ回路やデジタル回路が1つのチップの中に内蔵されている点です。
イメージ的に、デジタルのFPGAとアナログのFPGAがマイコンの中に入った感じ。


FPGAとは?
Field Programmable Gate Arrayの略です。
簡単にいうと、簡単に書き換え可能なLSIで、PLD(Programmable Logic Device)のうちの1つです。
PLDには、「FPGA」と「CPLD(Complex PLD」の2種類があります。
FPGAは中~大規模の集積度用。メモリはSRAMなので、電源起動時に専用のROMからデータを転送する必要があります。
CPLDは小規模の集積度。メモリはFlashやEEPROMなので、回路データの書き換えが可能。
http://www.nahitech.com/nahitafu/mame/mame4/cpld.html
FPGA/CPLDは、XilinxとAlteraの2社が有名です。


強みはアナログ回路
PSoCの一番の強みは、チップの中にプログラマブルなアナログ回路が内蔵されている点です。
オペアンプやコンパレーター、ADC(ΔΣ型、SAR型)、DACなど。
プルダウンメニューで、簡単にGainや素子の定数を選択できます。


従来のPSoCから変わった点は?
従来のPSoCは「PSoC1」というファミリになりました。これは8bitで4MIPSでした。
「PSoC3」は8bitですが、33MIPSまで向上させることが可能。
「PSoC5」はARMのCortex-M3を搭載した32bitで、100DMIPSが可能。
PSoC5については、2010年末に量産予定のようです。
また、開発環境ツールが新しくなりました。


PSoC Creatorの特徴
「PSoc Creator」とは、新しくなった開発環境ツールです。
従来の「PSoC Designer」に比べ、回路図の配線がシンプルになり、すっきりしています。
また、従来からあったかは不明ですが、IP(intellectual property)と呼ばれるモジュールがあります。
これは、ある機能を実現するために複数の回路素子が集まったブロックを
1まとめにする考えで、既にあるものを利用したり自分で作成したりと再利用できます。



セミナーでは、PSoC3/5の紹介、PSoC Creator機能の紹介、そしてシステム設計の実演を行っていました。
最後の実演は、90分でゼロから「ポータブル電圧&電流計」をPSoC Creatorを使って作っていました。
(※ハードは既に用意されたモノです)
GUIを使ったドラッグ&ドロップにプルダウンメニュー、APIを使った簡単なコーディングと、本当に開発しやすそうな印象を受けました。
どうやら「PSoC Creator」は無料でダウンロードできるようなので、次回ちょっと試してみたいと思います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

エレクトリックバカ

Author:エレクトリックバカ

ポケコンでプログラミングに目覚め、PICマイコンで電子工作に希望を抱き、来たるべきUGDの時代を夢見て眠る。
そんな うだつが上がらないサラリーメン。
先生、電子工作はおやつに入りますか?




Electric Baka

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。