スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

openFrameworks #2

さっそく描画
今日は「Beyond Interaction」の2章前半をやりました。

2章は構造化プログラミングの基礎。
お馴染みのfor文、配列、乱数などですが、さすがメディアアート、最初のプログラムはHello,worldの文字表示ではなく、早速図形描画でした。

特にアルファブレンド(画像の透過)を使うと、奥行き感が出て、かなりクールな感じです。

(10_06_27) ofランダム円
乱数を使って、大きさや中心座標の異なる円を表示
不思議な感じ


(10_06_27) of円の重ね合わせ
これも、アルファブレンドを使って、複数の円を組み合わせているだけです。
3Dもどき?


(10_06_27) ofランダム線
乱数を使って、開始・終了座標の異なる線分を表示
神経細胞みたい


(10_06_27) ofストライプ
乱数で色を決めて、線分を表示
そのまま何かのデザインに使えそう


ポイント
サンプルプログラムのプロジェクトファイルにはopenFrameworksのライブラリを含めると多数のソースファイルがあるのですが、この章で編集したファイルは「testAPP.cpp」というファイルのみ。
しかも、このファイルの中は関数の雛型が用意されているスケルトンプログラムで、この章前半では「setup()」と「draw()」の2つの関数の中でのみの記述です。
「setup()」は実行時一番最初だけ実行される関数で、「draw()」は常に繰り返し実行される関数です。
なので、図形描画はWindowを移動させてたり、他のWindowに隠れて再び表に出てきたときでも、表示されたままです。


どんどん進めてゆきたいと思います。


※詳しいプログラムの解説は、「Beyond Interaction」を買って読みましょう
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

エレクトリックバカ

Author:エレクトリックバカ

ポケコンでプログラミングに目覚め、PICマイコンで電子工作に希望を抱き、来たるべきUGDの時代を夢見て眠る。
そんな うだつが上がらないサラリーメン。
先生、電子工作はおやつに入りますか?




Electric Baka

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。