スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RIAとは何だ?

RIAとはRich Internet Applicationのこと。
そういわれてもピンと来ないですよね。

例えを1つだすと、AdobeのFlashです。
↓ドラゴンボールじゃないよ。Flashのロゴです。


Photo by marcopako


RIAの特徴として
・アプリと実行環境の更新が容易
・異なるプラットフォーム(環境)に対応
・表現力の高いユーザーインターフェースである
・スクリプトで容易に開発可能
・動画コンテンツも再生できる
が挙げられます


RIAの代表選手は3人いますので、覚えておきましょう

Flash
アドビシステムズが開発したソフトです。
作成ソフトとプレーヤーの2つがあり、前者は結構いい値段しますが、後者はタダです。
Flash Playerもうすでに皆さんのPCには既に入っているかと思います。
上のドラゴンボールみたいなやつをクリックすると動画がでてくるはず。

Flashを使った一番有名なものはYouTubeで、FlashVideoというフォーマットを使っています。
また、イラストや写真を動的に演出したり、自由度の高いボタン生成やマウスやキーボードで操作できるインタラクティブなコンテンツを作る事が可能です。
またAction Scriptと呼ばれるスクリプトを利用すればプログラミングを利用する事も可能。

ケータイにもFlash Playerが搭載されている例が多く、こちらはFlash Liteというソフトが入っています。
こちらは現在PCのFlashのサブセット(機能の一部を抜き出したもの)ですが、そのうち追いつく予定です。


Silverlight
Flashに対抗して、マイクロソフトが作っているソフトです。
Silverlightは、SDKをダウンロードすれば、タダで開発ができるようです。
ただし、Adobeが市販しているFlashのようなGUIではありません。
そのようなデザイナー向けのソフトとしては、Expression Blend 2という開発ソフトがあるようです。

Silverlightは、Flashに比べ、他の技術との連携が簡単にできることと、処理速度が早いのが特徴のようです。



JavaFX
さらに上記の2社に対抗して、サン・マイクロシステムズが開発したソフト。
投資のFXとは関係ありません。
従来のSwingと呼ばれるJavaのGUI開発をより簡単に、その表現力をよりリッチにした新しいプラットホーム。
Javaに比べて、スクリプト形式なので手軽に組め、JavaScriptに比べてGUIが簡単に作れるようです。
しかし、FlashやSilverlightと違い、デザイナー向けっぽくはない。


『Flashって結構前からあるよね? 何で今さら、こぞってFlashっぽいものを作るの?』

RIAの特徴は、異なる環境に対応でき、更新が容易であることです。
つまり、RIAの目的は、パソコンではなく家電です。
今後、次々と組み込み化かつネットワーク化される家電の大きな市場を狙っているのです。



参考文献:日経エレクトロニクス2009年6月1日号
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

エレクトリックバカ

Author:エレクトリックバカ

ポケコンでプログラミングに目覚め、PICマイコンで電子工作に希望を抱き、来たるべきUGDの時代を夢見て眠る。
そんな うだつが上がらないサラリーメン。
先生、電子工作はおやつに入りますか?




Electric Baka

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。