スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組み込みAndroid #2

早速、必須アイテムであるBeagleBoard-xMを購入しました。
Digi-Keyで「beaglexm」で検索すると出てきます。
在庫はゼロでしたが、発注から1週間くらいで入手できました。
(11_02_25) Beagleboard-xM

起動テストがイメージ書き込みされた4GBのmicroSDカードが付属されています。
その他、周辺機器としてACアダプタ(5V)、RS-232Cケーブル(PCと接続用)、HDMIケーブル(モニターと接続用)、USBキーボード、USBマウスなどは別途用意する必要あります。
ACアダプタは必ず電圧5Vで、センタープラス極性、電流は最低1.5Aは必要。

Beagleboard.orgのトップページからだとわかりづらいのですが、最新のReference Manualなどはここから入手できます。
http://beagleboard.org/hardware/design
今回購入したBeagleboard-xMのRevisionはBでした。
Rev A3とRev Bの違いは、プロセッサーのRevision違いだけのようです。


起動
付属のmicroSDカードを挿して早速起動してみました。
出力はHDMIでモニターに。
PCとシリアル通信する場合は、RS-232Cを通してTeraTermなどのソフトを使って以下の設定で繋ぎます。
BAUD RATE 115200
DATA 8bit
PARITY none
STOP 1bit
FLOW CONTROL none

とりあえずAngstromが立ち上りました。
(11_02_25) Angstrom
※この画像はTeraTerm上のスクリーンショットの一部です。

loginを「root」、Passwordを空で入力すれば「Kernel mode」
「shutdown -r now」と打ち込むとリブートします。
「Hit any key to stop autoboot:3」というところで、キーボードを何でも良いので叩けば「Uboot」になります。


ポイント
アメリカの輸出管理規制により使用用途のチェックが厳しいようです。
Digi-Keyにて購入申込時、使用用途を明確に書きましょう。
例:オーディオ機器、ホームサーバーなど

曖昧に書くと、後日再回答する手間が増え、納入が遅れちゃいます。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

エレクトリックバカ

Author:エレクトリックバカ

ポケコンでプログラミングに目覚め、PICマイコンで電子工作に希望を抱き、来たるべきUGDの時代を夢見て眠る。
そんな うだつが上がらないサラリーメン。
先生、電子工作はおやつに入りますか?




Electric Baka

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。