スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組み込みAndroid #5

Ubuntuにプログラム開発環境をインストールする前に、Beaglebord-xMでAndroidを動かしました。
そのときのメモです

起動microSDカードの作成
まず2GB以上のmicroSDカードを準備。OSはUbuntuを選択。
pre-built Imageをダウンロードして、解凍して、シェルスクリプト(拡張子.sh)を実行してmicroSDカードに起動ファイルを作成(詳細は本書P48~52参照)
2011年3月5日現在では、最新Ver2.2が出ている。それでもOK。

その際、以下の事をミスってエラーになってちょっとハマったので書いておきます。
・コマンドに"LANG=C"を付け忘れないこと
・SDのファイルシステムが例えば"/dev/sdc1"の場合は、デバイス名は"/dev/sdc"と最後の数字が不要であること

これでmicroSDカードにAndroid 2.2(FroYo)の起動ファイルが完成。


Android起動失敗?
BeagleBoard-xMに挿入して、モニターとHDMIで繋がっていることを確認、PCとRS-232Cで繋がっていることを確認して電源をON。

PCのTeraTermに通信ログが次々と表示される。
そしてモニターに"android"のロゴが出る・・・と思いきや 真っ暗!
PCのTeraTermを見ると、以下の所で止まっている
(11_03_05) android起動せず
「warning: 'zygote' uses 32-bit capabilities (legacy support in use)」のワーニングや「target dead」などの文字。
何度やっても、SDカードの作り方を色々変えても、上記のワーニングの所で止まってしまう!
グーグル先生に聞いてもヒントが得られない。
1週間以上 悩みました。


原因と対策
答えは意外な結果でした。
実は正常に起動していたのです。
原因はHDMI。
BeagleBoard-xMのHDMIはフルHDMIにサポートしていないっぽい。
DVI変換しなさいとマニュアルに書いてありました。



The BeagleBoard is equipped with a DVI-D interface that uses an HDMI connector that was selected for its small size. It does not support the full HDMI interface and is used to provide the DVI-D interface portion only. The user must use a HDMI to DVI-D cable or adapter to connect to a LCD monitor. This cable or adapter is not provided with the BeagleBoard. A standard HDMI cable can be used when connecting to a monitor with an HDMI connector.

※BeagleBoard-xM Rev A3 System Reference Manualより引用



解決方法は、HDMI→DVI変換コネクタを使ってDVIでモニターに繋ぐことです。
早速、変換コネクタを買いました。
(11_03_05) android起動せず2

そして、電源ON!

(11_03_05) android起動せず3

(11_03_05) android起動せず4

見事にAndroidが立ち上りました!
小さくガッツポーズ。


今回の教訓:たまにはマニュアルをしっかり読みましょう。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

エレクトリックバカ

Author:エレクトリックバカ

ポケコンでプログラミングに目覚め、PICマイコンで電子工作に希望を抱き、来たるべきUGDの時代を夢見て眠る。
そんな うだつが上がらないサラリーメン。
先生、電子工作はおやつに入りますか?




Electric Baka

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。