スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組み込みAndroidポータブル #3

第3章 表示されない原因を探る

ビーグル君とお散歩を目指すプロジェクト。
LCDを買ってとりあえず繋いだは良いが、真っ白にしか表示されませんでした。

120430_Beagble_LCD.png

検討の結果、3つの間違いがあることがわかりました。

(1)電圧が異なる
LCDの駆動電圧が3.3Vに対して、BeagleBoardxMのLCDの各信号の出力信号の振幅は1.8V
LCDのスペックを見ると信号電圧に関しても電源電圧と同じスペックです。

120430_LCDspec.png
LCD(H043M48027240NC08)のデータシートより抜粋

また、タイミング特性を見るとMAX時の70%や30%を基準としてセットアップ・ホールド時間を規定しています。
電源電圧3.3Vであれば、信号電圧のMAXも3.3Vなので、70%の電圧は2.31Vとなり、1.8Vでは足りないことがわかります。


(2)波形が反転している
LCDのスペックを見ると、VSD(VSYNC Detec)とHSD(HSYNC Detect)はLow Activeになっています。

120430_SYNCspec.png
LCD(H043M48027240NC08)のデータシートより抜粋

これに対してオシロスコープで取得したHSYNCとVSYNCの波形を示します。

HSYNC
120430_HSYNC.png

VSYNC
120430_VSYNC.png

Detectがデータシートと異なりHigh Activeになっています。
他のCLKやRGB DATA、DENはデータシートと同じ論理で問題ありません。
つまり、HSYNCとVSYNCのみ波形が反転してしまっているということ。


(3)CLK周波数が異なる
LCDのスペックを見ると、CLK周波数は5~12MHzである必要があります。
120430_CLKspec.png
LCD(H043M48027240NC08)のデータシートより抜粋

これに対してオシロスコープで取得したCKLの波形を示します。
120430_CLKwave.jpg

計算すると約23MHzで、スペックを超えています。


ポイント
解決方法は以下の通り
(1)LCDの各信号について、1.8Vから3.3Vへ電圧変換する
(2)HSYNCとVSYNCに関して、波形を反転する
(3)解像度の設定を480x272にして、CLKを5~12MHzの範囲内にする

(1)と(2)は、変換基板を新たに挿入することで実現させます。(次回説明)
(3)については、microSDカードにOSを入れるときに設定変更することで実現させます。(後日説明)


続く
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

エレクトリックバカ

Author:エレクトリックバカ

ポケコンでプログラミングに目覚め、PICマイコンで電子工作に希望を抱き、来たるべきUGDの時代を夢見て眠る。
そんな うだつが上がらないサラリーメン。
先生、電子工作はおやつに入りますか?




Electric Baka

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。