スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組み込みAndroidポータブル #7

第7章 UbuntuにGUIを入れろ

ビーグル君とお散歩を目指すプロジェクト。
前回遂に4.3inch LCDへの表示が成功しました。

しかし文字だけのCUI(Character User Interface)画面では物足りないので、
今回はGUI(Graphical User Interface)画面を表示させます。
120505_ubuntuGUI.png

何度かインストール作業を繰り返して、やっとこさ成功したので、時系列でその記録をお伝えします。


事前準備
ちっちゃいLCDだと見づらいので、前回修正したuEnv.txtファイルの内容を元に戻しBeagleBoardxMにHDMIケーブルを繋ぎ、母艦PCの液晶モニターに映してインストール作業を行った。


1回目
・ログイン
まずBeagleBoard上でUbuntuを起動してログイン

Default user: ubuntu
pass: temppwd


・イーサネット有効化
BeagleBoardにLANケーブルを挿し込んでからコマンド実行

sudo  ifconfig  -a
sudo  dhclient  eth0


・アップデート

sudo  apt-get  update


・GUIをインストール

sudo apt-get install gdm xubuntu-desktop

→エラーが出て失敗。


2回目
再び、電源OFF/ONしてログイン→イーサネット有効化→アップデート→GUIインストール を実行
エラーとその対処が出ていたので、それに従いコマンドを打ち込んだ

sudo dpkg --configure -a

"gdm" か "lightdm" か選ぶ箇所があったので、"gdm"を選択
→しばらくして途中で映像が消えてしまう。

3回目
microSDカードを別のモノに変えてやってみた
→ダメ。同じく映像が消える

4回目
途中の選択を"lightdm"にしてみた。
→ダメ。同じ。

5回目
BeagleBoardxMのDsubコネクタにRS232C-USBケーブルを繋ぎ母艦PCのUSBコネクタと接続。
母艦のUbuntu上では、"minicom"というソフトを利用。
BeagleBoard上ではなく、母艦PCの"minicom"からインストール作業を実行
ログイン→イーサネット有効化→アップデート→GUIインストール を実行

→どうやら、HDMI端子から出力されている映像が消えた後もBeagleBoardはインストール作業を実行し続けているということが判明した!

2,3時間くらいかかった。

BeagleBoardの電源をOFF/ONして起動
いつもと違う感じ。
なんか、GUIを出そうとしてるが、すぐ画になってしまう。
そういえば、今回は"gdm" か "lightdm" かを選ぶ箇所がなかった気がする。

とりあえず"ふて寝"


6回目
今回は母艦PCをWindowsで立ち上げていたので、"minicon"ではなく"teraterm"を使用しインストール作業を行った。ついでにuEnv.txtファイルの内容を480x272に再び変更した。

電源ONしてログイン→イーサネット有効化→アップデート→GUIインストール を実行
前回はこの画面が出ていなかった気がする
120505_ubuntuGUI2.jpg
※PC液晶モニターの映像

Enterキーを押すと、"gdm" か "lightdm" かを選ぶ画面に
120505_ubuntuGUI3.jpg
※PC液晶モニターの映像

その後、1時間くらい放置して、気づくと終了していた。
そして電源をOFF/ONすると・・・
120505_ubuntuGUI4.jpg
GUI来ました!
マウスも動きます。

120505_ubuntuGUI5.jpg
しかし! 色々クリックしてみるが、どうしてもこれ以上先に進まない。
なぜだ?
再び "ふて寝"


7回目
先に進まない原因がわかった。
4.3inch LCDではパスワード入力のインプットボックスが画面上に見えていなかったのだ。
uEnv.txtファイルの内容を元に戻し、PC用の液晶モニターに表示してみてわかった。
120505_ubuntuGUI6.jpg
※PC液晶モニターの映像

えっ?、じゃあ4.3inchだとログイン不可能なのか?
いいえ、大丈夫です。
こういうときは心の眼で打ち込むべし。

ポイント
・左下のプルダウンメニューで「Xubuntu Session」を選択
・Demo Userをクリックして一旦フォーカスをここに合わせる
・キーボードでTabを押し、フォーカスを見えないパスワード入力インプットボックスに移動させる
・そこでパスワード「temppwd」を間違わずに入力してEnterを押す

そうすると・・・
120505_ubuntuGUI7.jpg
4.3inch LCDでUbuntu11.10 GUIログイン成功!

ちょっと、画像が乱れている?
いいや、そんな小さな事は気にしてはいけない!
次は、Androidに挑戦だ!!

続く


まとめ
・作業内容は、ログイン→イーサネット有効化→アップデート→GUIインストール だけ
・BeagleBoard上でのインストールの際は、シリアルケーブルを繋げて母艦PCで状況をチェック
・途中で、"gdm" か "lightdm" かを選ぶ必要あり
・インストールに1時間くらいはかかる
・480x272の解像度でログインする場合は、ポイントに書いたように工夫して入力する

参考にしたサイト
Embedded Linux Wiki(BeagleBoardUbuntu)
Ichmy's Web Site(Beagleboard-xM で遊ぼうのこーなー)
とりあえずやってみる

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【組み込みAndroidポータブル #7】

第7章 UbuntuにGUIを入れろビーグル君とお散歩を目指すプロジェクト。前回遂に4.3inch LCDへの表示が成功しました。しかし文字だけのCUI(Character User Interface)画面では物足りないので、今回はGUI(Graphical User Interface)画面を表示させます。何度かインストール?...

comment

管理者にだけ表示を許可する

LCDログインおめでとうございます

はじめまして。
私もBeagleboard-xm(Rev.C)を持っていまして、あれこれ遊んでいます。
いつくかのサイトを見て、
http://matsu-world.qee.jp/?cat=12&paged=2
こちらの方もされているようなレベル変換ということで出力されているようですね。
私はそこまで回路の勉強もしていないので、USB-Displayのmimo UM-710Sをつないで、ubuntuですとかAndroid2.3などの画面として使っています。
最近、USB-Displayの調子が悪いのか、アンドロイド起動後2・3分すると画面がちらついて消える症状に見舞われています。Windowsにつないで見るとちらつきがないだけに、私も表示素子と向き合って、キャリーボードを選ぶとか、配線するとかしないといけないのかなと模索しています。
話変わって、aitendoのタッチパネルとコントローラーで、ubuntuもAndroidも操作できますが、上下反転を直す必要があります。
現在進行形でいじっていらっしゃるようなので、書き込ませていただきました。
また、知らんがなっていう、
http://shirangana.info/115/
もとても参考になります。
よろしければごらんください。

Re: LCDログインおめでとうございます

ありがとうございます!

まさに、#include "matsu.h"さんのサイトを見て、今回のプロジェクトを始めました。
"知らんがな"さんのサイトは、Androidポーティングで激しく参考にしています。
今調べたら、USBサブモニターって結構安く手に入るんですね~、こっちにしとけば良かったかな?
でも、これはこれでUSBドライバとの戦いも必要そうですね。
この後、記事に載せる予定ですが、LCDパラレルRGB接続する場合は画面乱れ(ノイズ)との戦いがあります。
なるほど、aitendoのタッチパネルは上下反転が必要なんですね、情報ありがとうございます!
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

エレクトリックバカ

Author:エレクトリックバカ

ポケコンでプログラミングに目覚め、PICマイコンで電子工作に希望を抱き、来たるべきUGDの時代を夢見て眠る。
そんな うだつが上がらないサラリーメン。
先生、電子工作はおやつに入りますか?




Electric Baka

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。