スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古の液晶モニターを買ってみた4

何も写らず

前回の実験で、映らない理由は、PCの水平同期信号の周波数が約31kHzなのに対し、液晶モジュールの水平同期信号の周波数は、15.75kHzだからです。
解像度やリフレッシュレート(垂直同期信号の周波数)の設定は変更可能だが、スキャンレート(水平同期信号の周波数)を変える話は聞いたことがない。

じゃあ無理なのかと、諦めかけていると、あるサイト(⇒ ここ )に何やらPowerStripというソフトを使って、次のように設定しろ!と書かれてある

I would recomend using powerstrip to find the info you need.
here is what I have set for this monitor:
640x480 resolution
Interlaced: Yes!
pixel clock: 13.582MHz
Horizontal Scan Rate: 15.720kHz
Vertical Refresh Rate: 29.943Hz (interlaced)



早速、PowerStripとやらをダウンロードしてみることにした。 ⇒ サイト
どうやらシェアウエアっぽいが、納得するまではフリーで使える。versionは3.8であった。
インストールすると、生意気にも右下のトレイに常駐する。

↓こんなアイコン
アイコン

そいつをクリックして「Display profiles」⇒「Configure...」を選択。
そうすると以下のような画面が出てくる

Display profiles


まず、スピンボタンで「2」、つまり拡張デスクトップの方を選択。
Resolutionにてスライドバーを変更して 「640×480 pixcels」を選択し、「Advanced timing options...」をクリック。


Advanced_timing_options.jpg
ここで、矢印ボタンのところを何度か押して、Scan rateを15.75kHzにできるだけ近づけた。
そして、「Front porch」か「Back porch」か「Sync width」のいづれかを調整して、Refresh rateができるだけ30Hzに近づくようにした。


そしたら映りました!

写るが変

でも何か変・・・


続く


【注意】 PowerStripで間違った設定をしてしまうと、モニターやグラフィックボード等にダメージを与え、壊してしまう恐れがあるっぽいので気をつけましょう。

カシオ社7.24インチ液晶モジュール[CMW72NS46P] を使った電子工作
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

エレクトリックバカ

Author:エレクトリックバカ

ポケコンでプログラミングに目覚め、PICマイコンで電子工作に希望を抱き、来たるべきUGDの時代を夢見て眠る。
そんな うだつが上がらないサラリーメン。
先生、電子工作はおやつに入りますか?




Electric Baka

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。