スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WiiリモコンとPCの連携

ちょっと遅いネタですが、wiiリモコンを使ってPCを操作しようというものです。

ご存知、wiiリモコンといえば、3軸加速度センサーを内蔵しています。
これを使えば、直感的な操作をPCの操作にも応用できるのでは?と思う人も多いはず。
wiiリモコンとwiiは、Bluetoothの規格にのっとって通信しています。
そうです、つまりPCにBTが搭載されていれば、繋がるはずです。

ちっ、俺のPCは古いからBTは内蔵してないや! という人も大丈夫。
USBポートさえあれば、BTが送受信できるUSBアダプタを買ってきて挿せば良いのです。

最近のBT送受信用USBドングルは小さくて、安いっす。
¥1,500以下で買えました。下記の写真の左側です。ほんとちっちゃい。
(09_05_31) wiiリモコン

さて、BT-USBアダプタのドライバをPCにインストールして、USBポートにドングルを挿したら、早速wiiリモコンをPCに登録しましょう。

wiiリモコンの電池カバーを取り外し、「SYNC」ボタンを押すか、「1」と「2」ボタンを同時押しすれば、wiiリモコンの4つの青いLEDが点滅しSYNCが開始されます。

エレバカのBT-USBアダプタでは以下のような画面になりました。
(09_05_31) BT設定

(09_05_31) BT設定2
ちゃんとHID(Human Interface Device)として認識されました。

さて、実はこれだけでは、何もできません。
そこで、下記のフリーソフトを使うと、wiiリモコンがマウスポインタとして使えるようになります。

WiinRemote

上記のサイトから、最新版をダウンロードするだけ。
インストールは不要で実行するだけでOKです。

そうすると以下のような画面が立ち上がります。
(09_05_31) WiinRemote
wiiリモコンを振ると、波形が上下に振れるのがわかります。

この状態でwiiリモコンを傾けると、傾けた方向にマウスポインタが移動します。
「Bボタン」を押す事によってwiiリモコンの傾きが、有効/無効になります。
加速度センサ以外にも、ボタン押しや、wii本体付属の赤外線センサーバーをONにすれば、センサーバーにも反応します。

傾けている限り、移動しっぱなしですので、非常に操作は難しいです。
普通に使うアプリケーションソフトでは全く役立ちそうになさそうです・・・

しかし、PCアプリケーションを自作したり、電子工作の入力デバイスとして活用すれば・・・
そうです、可能性は無限大です!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

エレクトリックバカ

Author:エレクトリックバカ

ポケコンでプログラミングに目覚め、PICマイコンで電子工作に希望を抱き、来たるべきUGDの時代を夢見て眠る。
そんな うだつが上がらないサラリーメン。
先生、電子工作はおやつに入りますか?




Electric Baka

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。